シンハラージャ帰厩とニュルンベルク  後で読む